自力で鍵交換をする時に必要となるもの~100円均一で揃える~

防犯性の引く低い鍵の種類を紹介~ディンプルキーなどピッキングに強い~ 防犯性の引く低い鍵の種類を紹介~ディンプルキーなどピッキングに強い~

引き戸の鍵交換は個人で行なうことも可能

修理をする男性

鍵交換の作業は、一見するととても難しそうな作業に見えてしまうかもしれません。しかし、必要な道具さえ手元に揃って入れば、初心者の人でも簡単に取り外すことができるのです。また、新しい鍵を用意していれば、取り付けも自分で行なうことができます。

鍵開け業者が教える引き戸の鍵交換方法

自力で鍵交換を行なう際に必要な道具を教えてください
自力で鍵交換をする際に使われる道具は、マイナスドライバーとプラスドライバー、ラジオペンチです。この道具は、どれも100円均一で購入することができます。ドライバーがセットでまとまっているものであれば、マイナスドライバーやプラスドライバーも一緒に入っているのでおすすめです。
古い鍵を取り外すにはどうすれば良いですか?
まずは引き戸を開けましょう。そして、鍵部分に付いているネジを取り外してください。大抵は、ネジで止まっているだけなので、プラスドライバーかマイナスドライバーを使えば簡単に取り外すことができるでしょう。
鍵を取り付ける際に注意点などはありますか?
鍵がきっちりと閉まるかどうかを確かめるようにしましょう。まずは、鍵を取り付けてネジを軽く閉めるのです。この段階で、ガッチガチに閉めてしまわないように注意しましょう。仮止めした状態で、扉を閉めてみて鍵の位置をチェックするのです。位置をちゃんと合わせて、ネジを閉めるようにすれば問題ありません。

扉にもう一つ鍵を取り付けることも可能です

補助錠というものがあり、この補助錠を付けることによって、防犯性を向上させることができます。しかし、補助錠を付けるのは少し難しいです。というのも、取り付ける際に電動ドリルなどを使用します。また、扱ったことがない人が使用するとケガをする恐れもあるのです。ですから、補助錠は業者に依頼して付けてもらう方が無難でしょう。

ただ鍵交換をするだけであれば、そこまで難しいことはありません。場合によっては、用意する道具はプラスドライバーだけで済んでしまうこともあるくらいです。しかし、場合によっては施工をスムーズに進めることができないこともあります。そんな時は、無理をせずに業者に依頼すると良いでしょう。

TOPボタン