自動ロックをするものに鍵交換をして鍵のかけ忘れをなくそう

防犯性の引く低い鍵の種類を紹介~ディンプルキーなどピッキングに強い~ 防犯性の引く低い鍵の種類を紹介~ディンプルキーなどピッキングに強い~

防犯性が非常に優れている鍵

引き戸の鍵は、昔から使われているような鍵を未だに使用しているため、防犯性が低い状態になっており良い状態とはいえません。ですから、防犯性の高い鍵に取り替えておくことが大事となるでしょう。ここでは、防犯性に優れた鍵を紹介していきます。

防犯性に優れた引き戸の鍵

サムターンロックのついている鍵
サムターンロックにしておけば、セキュリティーを強化することができます。このサムターンをロックすることによって、解錠できないようにすることが可能なのです。ですから、窓ガラスが割られた時に外から手を入れて、鍵を開けようとしても開けることができません。
DNキーを使用している鍵
このDNキーは、鍵穴壊しに対する抵抗力が非常に高いです。ですから、泥棒が外から鍵穴を壊そうとしても簡単には壊れないので安心です。また、鍵穴をいたずらで壊されそうになっても、頑丈なので問題ありません。
自動施錠機能のついた鍵
自動施錠機能がついていれば、鍵をかけ忘れることがありません。特に、高齢を迎えた人は、物忘れが激しくなりやすい傾向にあります。ですから、自宅に帰ってきても鍵をかけ忘れたままになることもあるのです。しかし、自動で鍵が閉まるのであれば、鍵のかけ忘れという心配もなくなります。

1ドア2ロックで自宅の防犯性を強化

鍵

鍵交換を行なう際は、防犯性を徹底的に高めるためにも、補助錠も一緒に導入しましょう。補助錠は鍵交換の際に、一緒に取り付けてもらうなどすれば、簡単に設置することができます。これから、補助錠を取り付け安心した生活環境を手に入れましょう。

補助錠の取り付けを個人で行なうのは非常に困難です

補助錠を付けることで、扉の防犯性能を大幅に向上させることができます。特に、こじ開けなど強引な開け方をされた時に高い効果を発揮するでしょう。しかし、この補助錠の取り付けは個人で行なうことはできません。ですから、補助錠を取り付けたい場合は、業者に施工を依頼しましょう。

TOPボタン