引き戸の鍵交換をしなければいけない期間について

防犯性の引く低い鍵の種類を紹介~ディンプルキーなどピッキングに強い~ 防犯性の引く低い鍵の種類を紹介~ディンプルキーなどピッキングに強い~

引き戸の鍵に発生するトラブルに注意

ドア

築年数が長い日本家屋は玄関に引き戸を使用することが多くあります。この引戸の鍵は、長年使用していると、そのうちトラブルを引き起こすことがあるのです。ここでは、引き戸で発生しやすいトラブルについて紹介していきます。

引き戸で発生することが多いトラブル

  • 引き戸の鍵が壊れてしまい、鍵が開けられなくなった
  • 経年劣化などが原因で引き戸の鍵が折れた
  • 扉の歪みなどによって引き戸がロックできなくなってしまった
  • 引き戸の鍵をどこかに落としてしまった
  • 引き戸の鍵が開けられてしまい、泥棒や空き巣の被害にあった

引き戸の鍵は業者に交換してもらうことができます

多くの引き戸は自分で交換をすることができます。しかし、古いタイプの引き戸であれば、現在使用されている鍵とタイプが違うため、鍵交換をしなければなりません。その際は、工事を行なうことがあるので業者にあらかじめ確認してみましょう。

専門業者に依頼を行なえば引き戸の鍵を複製や解除が可能です

時に、引き戸の鍵を紛失してしまうことがあります。このような鍵トラブルは珍しくありません。鍵を紛失したのであれば、複製はできないため一から作成しなければならないのです。鍵を一から作成することも専門業者ならできます。ですから、鍵を紛失してしまったら専門業者に一度相談をしてみると良いでしょう。

引き戸の鍵は10年から15年程ごとに交換を行なう必要があります

引き戸錠は、家の玄関や倉庫などの建築物で多く使われています。大抵、この引戸錠の鍵交換目安は、10年~15年とされているのです。ですから、長年鍵交換をしていないというのであれば、専門業者に依頼して鍵交換してもらいましょう。 業者へ鍵トラブルに関しての相談をしておけば、鍵に関しての問題を早急に解決することができることでしょう。ですから、もし少しでも引き戸の状態に異常を感じた場合は、すぐに電話をして相談を行なうと良いでしょう。

ディスクシリンダーは防犯性が非常に低い

複数の鍵

昔から使用されている鍵は、ピッキングへの耐性がまったくありません。ですから、ピッキング犯にピッキングされてしまうと、簡単に開かれてしまうのです。つまり、非常に防犯性が低いといえるでしょう。ここでは鍵の種類と、ピッキングに強い鍵の紹介をしていきます。

引き戸で一般的に使用されている鍵の種類

ディスクシリンダー錠
ディスクシリンダー錠は、かなり普及していました。現在でも、このディスクシリンダー錠は良く見かけます。この鍵は、防犯性がさほど高いとはいえません。普通の人であれば、鍵がなければ開けることはできませんが、ピッキング犯であれば簡単に開けることができます。
ピンタンブラー錠
現在の戸建てマンションでよく使用されている鍵です。鍵の刻みが片方にしかないのが特徴的で、ディスクシリンダーとはやや見た目が異なります。ピッキングされにくいように改良されてはいるものの、そこまで防犯性は高くはありません。
ディンプルシリンダー錠
ディンプルキーとも呼ばれているこの鍵は、シリンダー内部がかなり複雑化しています。シリンダー内部にあるピンの数も増えているだけでなく、斜めにもピンがあるため、ピッキングが難しい作りになっているのです。
TOPボタン